下町のえんぴつやさん

岩手県住田町地域おこし協力隊。絵本作家のたまご。

第12話 きゃらくたーができるまで

 

こんにちは。さえこです。

 

 

 

あっと言う間に12月も半分が

すぎちゃいましたね。

 

つい2ヶ月ほど前に

「あけましておめでとー」なんて

言っていたような気が…

 

 

 

 

 

 

 

 

今日はわたしの

キャラクターのつくりかたについて

書こうと思います。

 

 

 

 

 

 

 

アートスクールに通い始めて

1年と8ヶ月が経ちました。

 

「絵」をちゃんと

習ったことのないわたしにとって

 

 

「絵」はとても難しく

ハードルが高いものでした。

 

 

 

 

 

アートスクールで始めて描いたのは

どいかやさんの「チリとチリリ」を

色鉛筆で模写したものでした。

 

f:id:takenoco_saeko:20161215161318j:image

↑原画

 

f:id:takenoco_saeko:20161215161327j:image

↑模写

 

若干の色の違いがありますが

模写は得意かもと思って

 

どんどん模写をしました。

 

 

 

 

 

 

 

模写には2つの理由があります。

 

1つは絵の構造を学ぶこと。

 

もう1つは画材を使ってみること。

 

 

  

 

 

 

f:id:takenoco_saeko:20161215161948j:image

↑原画(「つみきのいえ加藤久仁生さん)

 

f:id:takenoco_saeko:20161215162104j:image

↑模写

 

 

 

 

 

f:id:takenoco_saeko:20161215162345j:image

↑ 原画(2015年ボローニャ国際絵本原画展受賞者作品)

 

f:id:takenoco_saeko:20161215162457j:image

↑模写

 

 

 

 

 

 

他にもたくさん模写をしました。

 

 

色鉛筆・パステル・アクリル・アクリルガッシュ… 

筆の使い方や筆以外の道具も使ったり。

 

 

 

 

 

 

 

模写をすればするほど

 

色の作り方も慣れてきて

 

どんどん楽しくなりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして「さあ、自分の絵本を作ろう!」

となったとき。

 

 

 

f:id:takenoco_saeko:20161215162308j:image

 

「じゅんちゃんのらくがき」のじゅんちゃん。

 

 

画材がまったく決められませんでした。

自分がつくりたい作品はあるのに

キャラクターが定まらず、

 

 

何回も何回も文章から書き直して、

 

描いては推敲、直しては絵を変え、

という作業を続けました。

 

 

 

 

 

 

 

 

アクリルガッシュで描きたかったんですが、

どうしても相性が合わず。

 

 

 

水彩絵の具を使って描くことに。

 

 

 

 

他の生徒さんは、

キャラクターから考えるそうです。

 

絵をずーっとやってきた人は

描きたいものをカタチにするのが得意みたいで、

 

 

 

わたしは文章から書くのと

イメージする世界をカタチにすることが

まだまだ苦手で。

 

 

 

逆にキャラクターから考える人は

文章を書くのに時間がかかると

言ってました。

 

 

 

 

水彩に合うような男の子に、

ということを意識して。

 

 

 

f:id:takenoco_saeko:20161215164653j:image

 

そしてできたのが

このじゅんちゃん。

 

 

この絵本は無事完成し、

いまはコンペの結果待ちです。

 

 

入賞できますように!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ほんとは、

林明子さんのような

細やかで暖かい絵を

「描きたい」と思っていました。

 

f:id:takenoco_saeko:20161215163126j:image

「こんとあき」表紙

 

 

 

 

でも、わたしが「描ける」のは

全然違う絵でした。

 

 

 

 

 

 

 

この約1年半を通して、

描きたいものと描けるものの差に

 

たくさん戸惑いました。

もっと「上手く」なりたい!と

必死だったんだけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、

絵を描くことは好きになりました。

 

 

なんなら

20年弾き続けているピアノよりも

自信を持ってるかも。

 

 

 

 

 

「わたしはこんな絵が描けるんだ!」

と思ってから

 

 

絵を描くのが楽しくて楽しくて。

 

 

誰にも描けないような

絵を描こうと思えるようになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

今度は「文章」についても書きます。

 

 

 -----------------------------------------

 

 

f:id:takenoco_saeko:20161215163306j:image

 

つぎはくじらの絵本。