読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

下町のえんぴつやさん

岩手県住田町地域おこし協力隊。絵本作家のたまご。

協力隊第1話 住田町民になりました!

 

お久しぶりです!

さぼりぶろがーになりつつあるさえこです!

 

ここ2,3ヶ月は引っ越しの準備等々で

ばったばたしておりました!

 

 

 

 

 

 

 

どこに引っ越したかというと、

岩手県は住田町というところに。

 

 

 

 

ビルが立ち並び、

どこをみても人、人、人!だった

大都会の大阪を出て、

 

 

 

川のせせらぎが聞こえてくる

どこをみても山、山、山!な

住田町へ来ました。

 

 

 

 

 

 

 

 

「地域おこし協力隊」という

ここ数年で注目度が

急上昇している制度をつかって

わたしはここへ参りました。

 

  

 

 

f:id:takenoco_saeko:20170409183553j:image

 まだ雪が残る種山地区Σ(゚Д゚ノ)ノ

 

 

 

 

 

f:id:takenoco_saeko:20170409183623j:image

住民の手によって修復が繰り返される一本橋

 

 

 

 

 

 

協力隊としての住田ライフを

これまで「第○話」だったタイトルを、

「協力隊第○話」として書いていきます!

 

 

目標は週1…いや、2!

さぼりぶろがーをまず脱出せねば。笑

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、協力隊としての1週間が経ちましたが、

まだ具体的な活動はしていません。

 

 

 

最初は何をしていたかというと

 

f:id:takenoco_saeko:20170409183922j:image

 

ホコリまみれの天井を掃除する

というところから。笑

 

 

 

 

 

3日間掃除しまくってしまくって、

心身の邪念も一掃した気分になって迎えた

4月3日、月曜日!

 

 

「辞令交付式」を役場で行いました!

写真がないので

東海新報さんに載ったものを拝借…

 

f:id:takenoco_saeko:20170409184138j:image

 

わたくしは奥から2番目なんですが

メンズのおかげで細く見えますね♡笑

 

 

 

 

 

 

久々のスーツで疲れたなあ〜

と萎れている暇もなく、

 

 

 

 

火曜日から大股地区公民館へ出勤!

 

面倒見の良い集落支援員さんと共に

来館者の対応をしたり、

挨拶まわりに行ったり、

パソコンに振り回されたり。笑笑

なかなか

機械というものは難しいです。

 

 

 

 

 

 

そんなこんなで1週間が終わりました!

 

 

 

まだ協力隊7日目なので

書けることも少ないですが、

 

 

「地域おこし協力隊」って

一言に言ってもほんとーーーに

地域によってそれぞれです。

 

 

 

 

住田町は山と川という

自然の資源に恵まれていますが

わたしは「交流人口拡大コーディネーター」

としてここにいます。

 

 

 

他の協力隊員は農業を専門にしていたり、

会社を立ち上げたりしていますし、

 

知り合いの他地域の協力隊は

林業に勤しんでいたり

漁業にも携わっていたりです。

 

 

 

 

地域によって特性が違っているので、

協力隊の活動もそれぞれになるのです。

 

 

 

 

 

 

 

うーん、かたい。笑

 

協力隊うんぬんよりも

このブログではできるだけ

赤裸々に住田町ライフを書こう。

 

 

 

 

 

 

まずは

ひとり暮らし初めてのさえこなので、

生活に慣れること。

住田町を知ること。

言葉を覚えること。

大阪弁を大切にすること。

 

 

 

 

4月はこれを目標に、

できることから1つずつ

ゆっくりゆっくりがんばります!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

絵本についても

書きたいことは山ほど!!

 

しかしまだ絵を描く状況ではなく、

ぼちぼち片付けながらやっていきます。

 

 

 

 

 

 

詩も書くし

絵も描くし

ピアノも弾くし

ゆっくり生きるし。

 

 

 

 

 

 

 

 

-------------------------------------

 

待ってくれているみたい

桜の花が

 

まだ咲かずに

まだ散らずに

 

わたしのこころが色づくまで

 

ことしは二回

春の訪れが

頬に触れた

 

桜の色も運んでくれた